FC2ブログ

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今宵はルーフテラスで・・・

中秋の名月は過ぎてしまったものの、月の美しく見える季節。
月がポッと浮かんだだけで、見慣れた景色が何か不思議にさえ見えてくる感覚が大好きで、この時期はバルコニーに出て、しばし月をながめることも多くなります。
しかし、住宅のバルコニーは以外に周りのお宅の目線も気になり、この時ばかりはルーフガーデンがあったらなぁ、と…。

特に都心の中心にある建物のルーフテラスの「特別感」は格別です。近くに建物があっても、屋上に上がってみると空がポッカリと広がり、地上の喧騒が遠く、意外に静かに感じられ、心地よい浮遊感を感じさせるスペースはお月見には絶好の場所としか言いようがありません。

神宮前ハウス ルーフテラス-1
都心のビルの4階ルーフのプライベートガーデン 周りは気になりません  写真撮影:中川敦玲

更に、植栽を加え庭園として整備すれば、まさに「楽園」!!
植栽スペースを大きくつくり、大きい樹木を加えた緑の囲いを作れば、建物の「フチ」を感じさせず、一層広がりのある場所に…。大きな樹木を入れた植栽は周囲からの視界や日中の日差しを和らげ、心地よさを倍増します。
照明を加えれば、昼夜異なったイメージのアウトドアリビングとして完璧!です。

神宮前ハウス ルーフテラス-2
植え込みの形を工夫して、テラスの一部にゆったりとしたソファーベンチを作りました。シーィングスペースの背後には丸窓をつけて坪庭風に緑が見えるようになっています。   写真撮影:中川敦玲


写真のテラスのご主人さまは「帰宅したら、まずルーフガーデンでのんびり~」だそうです。
気に入っていただき嬉しいやら、羨ましいやら…
スポンサーサイト

| テラス・バルコニー | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

草花をカッコよく植える

涼しくなって、店頭にもたくさんの草花が並ぶ季節となりました。
鉢植えやポット苗の草花は、手軽で一気にイメージを変えることの出来る楽しいアイテムです。
しかし、あれも植えたい、これも植えてみよう、としていると何だか見栄えがグチャグチャしてまとまりが付かなくなってしまうことも…(涙)

実は、「植木などはそのまま、草花がカッコよく見える庭にしたい!」という依頼は私のところにも多いのです。

庭全体の完成度を重視して、全体レイアウトから草花の植付けまで、まとめてデザインして作り上げる庭もありますが、基本的に草花の植付けや日々の管理は自分で楽しみたい!という方には、植付け場所の「枠作り」を提案しています。
「花壇」として囲ってしまうのもひとつの方法ですが、お勧めは、もともと植わっている樹木の位置もいれた、植付け場所のレイアウト(地割)を地面に作ることです。レイアウトに沿って、レンガや敷石などを設置(埋め込んだほうが良いです)すれば、それらが植物ごとの植付けの仕切りになるうえ、作業をする時の足場にもなり、作業もしやすくなります。

草花を植える場所-1
ピンコロ石と石の平板で樹木の周りの枠の一部を園路のようにした事例

石やレンガなどの「変わらない」「固い」要素を庭に加えることで、植物の自然な形や色が引立つようになり、庭にメリハリのある引き締まった印象を作ることが出来ます。
また、庭にベースとなる基本的なイメージが作られることで、植物のアレンジが考えやすくなったり、バラバラ植えてしまっても、あるいは多少雑草が生えても、植物の無い時期が出来てしまっても、ある程度まとまって見える効果があるのでおすすめです。
草花を植える場所-2
印象が固くなりすぎるのが気になる場合は、カーブなどを入れてやさしい印象をつくります

これからのシーズンは、来年の春に向けての作業開始のとき。少し「固いもの」も植えて(?)イメージアップをしてみるのはいかがですか?

| エッジ・ペイブメント | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログはじめます

はじめまして!
ランドスケープデザインを専門に行っている「ふるうち設計室」といいます。
「ランドスケープデザイン」という仕事は、まだあまり一般的には知られていないかもしれませんが、私たちの仕事は、公園や緑地、ガーデン・エクステリアのデザイン、植木や草花の取り扱いなど、日々の暮らしの中にある屋外空間に関係するものが中心になっています。
屋外の生活空間を豊かにするのに役立つようなアイデアや事例を少しずつ紹介していくことで、より多くの人に、より身近に、ランドスケープデザインについて知ってもらえたらと思い、ブログを始めました。
質問やご相談にも答えていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。

| お知らせ | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。