| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バーベキュー炉をつくろう!

爽やかな秋晴れ。
天気の良い日は庭に出て、透き通るような空気の中で過ごしたい!
ひとりテラスに出て、本を読んだり、お茶をする、まったぁ~りと贅沢な気分を味わうのも良し、家族や友人を誘って大勢でワイワイ、ガーデンパーティーをするも良し。
特別なものは無くても秋の庭は十分に楽しめる場所ですが、バーベキューグリルがあれば、一層盛り上がること間違いなし!

頻繁に来客のあるお宅などでは、庭のなかにバーベキューグリルを常設で作ってしまうことも多く、毎回、庭の雰囲気に合わせたオリジナルのデザインを考えています。
どんな場合でも、グリルそのもののデザインに加え、材料の置き場やちょっと腰を下ろせるような場所の確保、焼いている人と食べている人が会話しやすいようなレイアウトがポイント。

砂岩小端積BBQ 
室内の床にレベルを合わせたデッキと庭の高低差を使ったグリル
デッキのベンチに座った人と庭側に立つ人の視線の高さを近くし、会話しやすく


自然石BBQ 
土留めの庭石を支えに使ったステンレス製のBBQグリル
焼いている人の背後に水道を設けてオープンキッチンのような仕上がり

グリル自体は、炭に空気がよく入るよう、360度空気の通り道を確保することや掃除のしやすさなどを考えると良いでしょう。
蓋をして作業台としても使えるようにするなど、 使わない時の使い方も考えられれば、活用の幅が広がります。
コンクリートブロックや耐火煉瓦を使ってDIYで作ってみるものも楽しいですよ。


スポンサーサイト

| 個人邸 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。